通常国会 最終日

6/1
本日で本国会、最終日となります。衆議院各委員会が一斉に開かれ、午後に衆議院本会議が開催されました。明日より地元佐賀県に戻ります。

平成28年度臨時佐賀県市議会議長会

5/30
都市センターホテル於「平成28年度臨時佐賀県市議会議長会」が開催されました。「第92回全国市議会定期総会」及び「九州市議会議長会定期総会」にて決議された要望書を拝受。地方創生の推進、地方税財源の充実確保、平成28年熊本地震からの復旧・復興等、国及び各市行政課題などの情報について報告が行われました。写真は、佐賀県市議会議長会の福井章司議長との一枚。(6/1撮影)

質疑

5/26
衆議院原子力問題調査特別委員会にて、質疑に立ちました。「高浜原発」、「緊急時対策所」、「グローバルな人材交流、教育、訓練」について質問し、田中俊一原子力規制委員会委員長、大村哲臣原子力規制庁次長、櫻田道夫原子力規制部長よりお答えいただきました。委員会での質疑の様子は、明日以降ビデオライブラリ(下記URL)よりご視聴可能です。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php#library

要望書

5/25
衆議院第二議員会館にて、鳥栖市議会自民クラブ、天桜会の皆様より「国道3号及び国道34号の整備促進に関する要望書」を受領いたしました。
国道3号、34号はほとんどの区間が2車線でピーク時には渋滞が発生し、また歩道も狭く、交通事故の多発や沿線住民の皆様の日常生活に支障を来す要因の1つになっています。整備計画の早期策定のため、奮励努力します。

稲田朋美政務調査会長に提言書を提出

5/25
党本部にて、「生活困窮者支援に関する提言」、「働き方に中立な税や社会保障等の改革を通じた、格差是正と貧困防止による高齢者生活保護費増大を抑制する提言」、「外国人留学生に関する提言」を稲田朋美政務調査会長に提出して参りました。

お知らせ

5/25
明日5月26日(木曜日)午前10時27分から20分間、原子力問題調査特別委員会にて質疑を行うこととなりました。
生中継はインターネットを通して下記のURLより視聴可能、録画視聴は後日掲載され次第お知らせ致します。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=TM#tomorrow

原子力問題調査特別委員会

5/12
衆議院別館にて、原子力問題調査特別委員会に出席。
本日の案件は、「原子力問題について」でした。

「民生委員制度創設100周年に向けての提言」提出

5/11
先月より各関係大臣へお届けしていた提言につきまして、本日、加藤勝信内閣府特命担当大臣(一億総活躍ご担当)への申し入れに至りました。民生委員制度は来年で100周年(児童委員制度は70周年)を迎えるにあたり、昨年より同期の先生方とともに、各地で開催された意見交換等で届いた現場からの貴重な声をまとめました。委員の皆様の活動範囲の明確化、個人情報の適切な情報提供、全国23万人もの委員の存在認知度を高め、制度の理解が広がるように努力してゆきます。

平成28年熊本地震 九州観光復興に関する緊急要望書

5/11 
「平成28年熊本地震 九州観光復興に関する緊急要望書」提出にかかる、九州7県および経済団体代表による記者会見に出席。
今回の地震では九州全体の観光産業において、数十万人の宿泊キャンセルが発生するなど大きな影響が出ています。これに伴い、緊急にとりまとめられた要望書を菅義偉官房長官はじめ、関係各大臣へ、提出することとなりました。復興に取り組む九州人の想いを広く国民の皆様に伝えてまいります。

有明海の再生事業にかかる要請活動

5/10
森山農林水産大臣へ沿岸4県(佐賀県、福岡県、熊本県、長崎県)の漁連・漁協の代表者の皆さまとともに要望して参りました。昨年、十数年ぶりに確認されたアサリ、タイラギ等の天然稚貝の発生により、平成27年度分の予算措置となってました。今後も二枚貝類の資源として定着・安定化をはかるための予算確保が必要となります。